断られない食事デートの誘い方!恋愛感情なしの女性からOKされるテクニックとは

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

気になる女性との関係を交際へと発展させるためのファーストステップとなるのが、食事デート。

しかしながら、意中の女性を食事デートに誘うのは、そう簡単なことではありませんよね。万が一女性から誘いを断られてしまえば、心に大きなダメージを受けます。この中にも「断られるのが怖くて、いつまでたっても気になる女性を食事デートに誘えない…」という男性は多いはずです。

そこで今回は、断られない食事デートの誘い方をご紹介します。以下でご紹介するテクニックを駆使すればOKの返事をもらえること間違いなし。「気になる女性を食事デートに誘いたいけど、断られるのが怖い」「なんとか食事デートに持ち込んで次の関係につなげたい」このような男性は是非参考にしてください。

まずは食事デートの誘いをOKしてもらうための下準備を!

食事デートに誘ってOKしてもらうためには、まず下準備が必要です。事前に以下2つの下準備を行っておけば、女性に食事デートの誘いをOKしてもらえる可能性が高くなりますよ。

女性とある程度の関係性を築いておく

関係性が築けていない女性を食事デートに誘うのは、いわば道端で出会った初対面の女性を食事デートに誘うのと同じことです。たとえ学校や職場で顔を合わす同士であっても、相手の女性と会話したことがなかったり女性に名前を知られていなかったりすれば、女性から見たあなたは知らない男性同然。食事デートに誘っても「この人誰…?」「どうして私…?」と警戒され、断られるのがオチといえます。

これを踏まえ、食事デートに誘う女性とは、ある程度の関係を築いておくようにしましょう。

  1. 連絡先を交換している
  2. 会話したことがある
  3. 共通の知人がいる
  4. お互いに名前や職業等の簡単な個人情報を知っている

相手の女性との関係において、最低でもこの4つの項目のうち1つは当てはまるようにしてください。4つ全ての項目に当てはまる関係であれば、食事デートに誘うに相応しい関係が築けているといえるでしょう。

女性が食事デートに行ける状態であるかどうかをチェック

食事デートに誘う前の下準備では、相手の女性の情報収集も重要です。彼氏持ちや既婚者、何らかの病気で療養中、仕事で大きなプロジェクトを抱えていて多忙、シングルマザーでお金と時間に余裕がない… 仮に相手の女性がこのような状態では、食事デートに誘ったところで断られてしまいます。

女性本人に聞くのが難しければ女性のSNSや女性の知人からの聞き込みなどでリサーチし、女性が食事デートに行ける状態であるかどうかをチェックしましょう。

女性がOKしやすい誘い方をしよう

下準備が整ったら、いよいよ本題。女性がOKしやすい食事デートの誘い方を3パターンご紹介します。「気になる女性を食事デートに誘いたいけど、どんな風に誘えばいいかわからない…」という男性は、女性との関係や女性の性格などを考えた上で、以下の3パターンのいずれかを使ってみてください。

共通の知り合いの店に行きたいと誘う

食事デートに誘いたい女性と共通の知り合いがいて、尚且つその知り合いが飲食店を経営していたり飲食店で働いていたりする場合、「俺、〇〇が働いてる店ってまだ行ったことないんだよね。良かったら一緒に行かない?」と誘うのがおすすめ。

「いきなり店に行って、〇〇を驚かせちゃおうぜ!」と共通の知り合いが働いている姿を見に行く口実、または「お世話になってるから行きたかったんだけど、一緒に行ってくれる人がいなくてさ。俺一人より二人のほうが店側も儲かって喜ぶし!」と共通の知り合いを立てるための口実で誘えば、女性サイドもあなたからの下心を感じず、快く誘いを受け入れてくれるはずです。

お礼をさせてほしいと誘う

食事デートに誘いたい女性に仕事やプライベートで何らかの迷惑や苦労をかけてしまった場合、「この間のお詫びで食事ご馳走するわぁ!」とお礼を口実に食事デートに誘うのが効果的です。

このとき、「〇〇ちゃんの好きなもの何でもご馳走するわ!行きたい店ない?」と女性の好きな食べ物をご馳走する旨を伝えてあげると、店を選ぶ選択肢が女性側になるため、男性からの下心を警戒している女性も安心です。

男1人では入りにくい店に誘う

断られない食事デートの誘い方としては、パンケーキ店やおしゃれなカフェといった女性向けの飲食店を使うのもおすすめ。「あの店のパンケーキがずっと気になってるんだけど、男1人じゃ入りにくくて。良かったら一緒に行ってくれない?」と誘えば、大半の女性はOKしてくれるはずです。

「1人じゃ入りずらいから一緒に行って欲しいなんて、なんだか可愛い♡」と女性の母性本能をくすぐる効果も期待できるでしょう。

食事デートの誘いを断られないためのポイント

以下では食事デートの誘いを断られないためのポイントをご紹介。以下のポイントを心得た上で上記でご紹介した誘い方をすれば、OKの返事をもらえる確率が大きくアップしますよ。

食事はディナーよりランチで誘う

食事デートに誘うなら、最初はディナーよりランチのほうが良いです。ディナーに誘われた女性は「お酒の勢いで口説かれたらどうしよう…?」「二件目や三件目に誘われて終電を逃すことになるんじゃ…?」と男性の下心を警戒します。あなたを信用していたり異性として意識している場合は承諾してもらえますが、あなたに対して気持ちがなければ断られるのがオチなのです。

この点、ランチでは女性に下心を警戒されることがなく、あなたに対して恋愛感情がない女性も安心。また、ランチ=上司や異性の同僚とも一緒にとるもの=恋愛関係じゃない男性と二人きりでも自然と思っている女性も多いため、こういった理由でも誘いをOKしてもらいやすいです。

とにかく自然な流れで軽く誘う

食事デートを断られないためには、「来週の金曜日って空いてる?焼肉行かない?」と何日も前から誘うより、「今日って暇?無償に焼肉食いたくてさ。一緒にどう?」と自然な流れで軽く誘うのもコツ。

何日も前から誘うと、あなたの「〇〇ちゃんと食事したい」という恋愛感情や下心などが女性に伝わってしまうため、「私のこと好きなのかな?」と女性に意識されます。あなたと両想いの女性なら問題ありませんが、あなたに興味のない女性なら警戒心を抱いて断ってくるでしょう。

この点、自然な流れで軽く誘えば、「〇〇ちゃんと食事したい」ではなく「焼肉食べたいけど一人じゃ微妙だし」というのが誘った目的となるため、女性があなたに興味がない場合でも警戒される心配はなし。女性側に予定がない限りは、高確率でOKの返事をもらえるでしょう。

大切なのは恋愛感情や下心を見せないこと

食事デートに誘いたい女性とあなたが両想いなら、どんな食事デートの誘い方をしてもほぼ100%の確率でOKの返事をもらえます。たとえ、「〇〇ちゃんのことめっちゃ興味あるんだぁ♪だから食事に誘ってもいい?♡」と恋愛感情や下心を剥き出しにした誘い方をしても、OKの返事をもらえるでしょう。好きな人から食事デートに誘ってもらって嬉しくない女性はいませんからね。

しかしながら、この記事を読んでいる男性の多くは、食事デートに誘いたい女性の気持ちがわからないはず。つまり、現段階ではあなたが女性と両想いでない可能性やあなたに対して女性が興味を抱いていない可能性も大いにあり得るのです。

あなたに興味のない女性に対して恋愛感情や下心を剥き出しにした誘い方をしてしまうと「私は興味ないんだけどなぁ…」「食事に行ったら更にグイグイ来られるんだろうなぁ…」と迷惑がられるだけです。女性との距離を縮めるための食事デートなのに、迷惑がられて嫌われてしまっては、何の意味もありませんよね。
これを踏まえ、食事デートに誘う際には「彼女は俺に興味がない」ということを前提にし、恋愛感情や下心を見せない誘い方をすることが大切です。“デート”という言葉も使わず、“あくまで友人や同僚として”という誘い方をしたほうが女性を安心させることができるでしょう。

そもそも食事デートの誘いをOKしてもらえるのは女性から見てどんな男?

女性から恋愛感情を抱かれている女性を除くと、食事デートの誘いをOKしてもらえるのは、女性から見て以下のような男性です。「食事デートに誘ってもOKしてもらえるかどうか不安…」という男性は以下の内容をもとに、自分が女性から食事デートの誘いをOKしてもらえる男性であるかどうか、女性からどう思われているのかを確認してみると良いでしょう。

まだ恋愛感情はないけど、恋愛対象内♡

A子

今は恋愛感情のない知り合い・友達って感じだけど、まぁ一応恋愛対象としては見れるし、今後の展開次第では好きになることがあるかも…?♡

恋愛対象として見れる男性や友達以上恋人未満の関係にある男性からの食事デートの誘いなら、女性は基本的に断りません。恋のチャンスを常日頃から探している彼氏募集中の女性においては、高確率で食事デートの誘いをOKしてくれるでしょう。

仮に彼氏持ち女性の場合でも、彼氏に対して不満を募らせている状態ならチャンスあり。癒しやトキメキ、新しい恋へを求め、食事デートの誘いをOKしてくれるかもしれません。

気になる女性の好きなタイプに該当する部分がある男性は、女性から恋愛対象として見られている可能性が大。勇気を出して食事デートに誘ってみましょう。

恋愛対象外だけど、ひとりの人間としては好き♪

B子

恋愛対象外だけど、一緒にいて楽ちん!男として見てないから気を遣わないし、恋愛相談とか女目線の話とかもしやすい!

女性は、恋愛対象外でありながらも一緒にいて居心地の良い男性からの食事デートの誘いも、基本的に断りません。「私には手を出してこないはずだから安心★」「私のことを女として見ていないはずだし男女を超えた関係♪」と男女の友情感じていたり、男性を信頼していたりするため、食事デートに誘われても気兼ねなくOKし、純粋に食事を楽しもうとします。

なお、食事デートの誘いはOKしてもらえるものの、食事デートで下心や恋心をチラつかせたりすると「私はそんなつもりじゃないんだけど…」と警戒され、今までの関係が崩壊しかねないため注意が必要です。

また、食事に誘う女性が小悪魔系の女性や水商売の女性の場合も要注意。小悪魔系の女性や水商売の女性は、男性を手の平で転がしたりするようなテクニックを持ち合わせている上に、タダ飯や仕事上の付き合いといった目的で食事デートの誘いをOKします。

男性をタダ飯をご馳走してくれるメッシー君としか見ていないことが多いので、食事デートをOKしてもらったくらいで「俺に脈ありだから来てくれるんだ!」などと勘違いしないように気を付けてください。

ご馳走してもらえるなら…♡

C子

ご馳走してもらえるなら全然行く~♡食べ終わったら適当に帰ろ~っと♪

このパターンの女性は、男性から食事デートに誘われたことよりもタダ飯のチャンスが舞い込んできたことに喜びを感じ、好きでもない男性からの食事デートの誘いをOKします。小悪魔系の女性や水商売の女性など、男性からの口説きを上手に交わしたり、男性を手の平で転がしたりするようなテクニックを持ち合わせている女性に多いです。

男性のことをただのメッシー君としてしか見ていないため、上記の女性同様、下心や恋心をチラつかせると警戒されたり面倒臭がられます。あまりにしつこくすると「用事があるんで帰りま~す…」と逃げられることも。

また、このタイプの女性は食事に対してこだわりが強い傾向があるため、食事デートの店がイマイチだと不機嫌になりがちです。食事デートの内容を充実させなければ、今後食事デートに誘っても断られる可能性が高くなるでしょう。

▼関連記事
「交際してなくて食事OK」の女性心理4つ|好印象を与えるデートテクも

誘い方を工夫して食事デートに持ち込んでからが恋愛の勝負♡

「君のことが気になってるから、良かったら食事でも…」と口説きながら食事デートに誘うのはナンセンス。女性のハートを射止めるなら、あくまでも友人・同僚・知り合いとして食事に誘い、おいしい料理と楽しい会話で女性との距離を徐々に縮めていくのが効果的なのです。

気になる女性がいるという男性は、今回ご紹介した誘い方を駆使して女性を食事デートに誘い、「またこの人と食事したい♡」と女性が思うような素敵な時間を提供してあげてくださいね。