クラブで出会った女性とキスするマインド作成に必要な5つの要素

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

クラブ好きならクラブミュージックのサウンドと、非日常感から生まれる出会いに期待が膨らんでしまう男性も多いのではないでしょうか?クラブ経験者には周知の事実ですが、クラブには驚くくらいに“かわいい子”や“きれいな女性”がたくさんいますよね。初めてクラブデビューしたときは、テンションが上がった人も多いのではないですか?

しかし、2~3回クラブ通いをするとひとつのことが頭をよぎります。
『あっちにいるかわいい女の子や、そっちにいるきれいな女性と”キス”がしたい!』と…。

しかし、突然ナンパをしても、すぐにキスはできません。では、クラブにいる女性たちとキスをする順序とタイミングはあるのでしょうか?悩んでいる男性はぜひ参考にしてください。

クラブで出会った女性とキスするマインド作成に必要な要素①:クラブに慣れる

クラブで出会った女性とキスとするための第一歩として、まずはクラブに慣れることが重要です。クラブに慣れていないと、キスに辿り着くどころかクラブそのものを楽しむことすらできません。

クラブに慣れるというのはいろいろな要素があります。以下のようなことを見極められるということが、本当の意味での“クラブ慣れしている”ということです。

  • どんな女性がナンパ待ちをしているのか
  • どんな女性がクラブに慣れているのか、いないのか

見極めるための特徴を説明します。
“ひとりでつまらなさそうにしている女性”は、ナンパ待ちと思っていいでしょう。このタイプはクラブに慣れていないため、楽しみ方が良くわかっていません。一緒にクラブに来た友人は、勝手に楽しんでいて放っておかれている、こんな女性は非常に狙いめです。

このタイプの女性は、自分も楽しみたいと思ってますが、どうしていいかわからないのです。楽しい雰囲気を作ってあげると一気に距離を縮められますよ。

高いヒールを履いている女性はクラブに慣れていない可能性が高いです。なぜなら、クラブ慣れしていない女性は、自分をスタイルよく見せるために、高いヒールを選ぶ人が多いからです。しかし、実は高いヒールはクラブで踊るには不向き。そのことを知らない、クラブ初心者なのです。そんな女性を見かけた場合は、「座って話でもしない?」と声を掛けてみましょう。

クラブ初心者の女性からすると、クラブ慣れしている男性は頼もしく見えるもの。そんな男性に声をかけられると、自分も大人になったような気がして、気分が高揚します。気持ちを盛り上げることこそが、キスをするために必要なことなのです。

チャンスをものにするためにも、クラブ慣れすることは必須です。最初はわからなくても、何度も通っているうちに、女性の特徴を見極めることができようになります。頑張って通いましょう。

クラブで出会った女性とキスするマインド作成に必要な要素②:女性に慣れる

女性に慣れていない男性が、クラブで出会った女性とキスすることは至難の業でしょう。まずは女性に慣れることが始めてください。女性に慣れるには、ほんの少しの勇気と経験が必要です。キスまで持ち込むためには、女性との会話が盛り上がる必要があります。どのような会話をすれば、女性は楽しんでくれるのかを研究しましょう。

学びの場として、ガールズバーやキャバクラもいいでしょう。友人たちと遊びに行く感覚で楽しみながら女性に慣れることができます。

ガールズバーやキャバクラが苦手な男性は、女友達と会話することから始めましょう。親しい女友達がいないなら、普段あまり話さない女性の同級生や同僚に、積極的に話しかけるのもおすすめです。少し時間はかかるかもしれませんが、女性がどんな話題で盛り上がってくれるのか、どんな話題がNGなのかを学べるでしょう。とにかく、女性との会話に慣れるということが大切です。

女性との会話に慣れれば、緊張もせずに声をかけることができ、気になる女性を落とす確率も高くなります。結果、クラブで出会った女性とキスするチャンスもできますよ。

クラブで出会った女性とキスするマインド作成に必要な要素③:ナンパに慣れる

クラブで出会った女性とキスをするためには、とにかく女性と仲良くならないことには話になりません。でも、あまりナンパに慣れていない状態で闇雲に声をかけても、女性が警戒心抱いたり、会話も弾まずに場の空気が白けてしまう可能性があります。

ナンパ慣れをしていない状態で声をかけても失敗する確率が高いのは確かです。それでも、とにかく女の子に声をかけていきましょう。そうしなければ、ナンパに慣れることはありません。

最初のうちは失敗や成功のことを考えずにナンパをしましょう。何度もナンパを繰り返していると女の子に声をかけるという行為に抵抗がなくなるはずです。

クラブで出会った女性とキスをするためにはナンパに慣れることは必須項目です。まずは、女性に声をかけてナンパという行為に慣れましょう。

クラブで出会った女性とキスするマインド作成に必要な要素④:振られることに慣れる

クラブで女性に声をかけるということは、振られる可能性もあります。むしろ、100%の確率で何度も振られるでしょう。現時点で、クラブで何人もの女性と関係を持っているイケてる男性でも、確実に振られた経験があります。

普通の生活での女性に振られる回数なんて、比べものになりません。ドラマの“101回目のプロポーズ”なんてくらいの回数も覚悟しておいてください。

女性に声をかけるときは、「絶対に落としてみせる!」という気合いと同時に、振られる覚悟をしておきましょう。「振られて当たり前」くらいの気持ちで、声をかけるのです。過度な期待をして声をかけ、「失敗した…」などと落ち込むのはNGです。

振られてしまうと、怖気づいて「次に声をかけるのが怖くなってしまう」という人もいるでしょう。しかし、そんなことではキスなんてできません!キツイ言い方をすると、“振られたくらいで諦めるなら、クラブでキスは夢のまた夢”です。

振られたときは、スパっと諦めて、次のターゲットを探しましょう。振られるのは、失敗ではなく次へのチャンスです!振られることに慣れて、キスへの道を目指しましょう。

クラブで出会った女性とキスするマインド作成に必要な要素⑤:女性をほめるのに慣れる

クラブで女性と仲良くなるためには、女性を褒めることがポイントです。とはいえ、「かわいいね!」「その服似合うね」くらいでは、成功の確率は低いでしょう。

かわいいね!なんて誰でもいえるような言葉で褒めても鼻にもかけてもらえません。褒めているときは、どんな女性でも主役として扱うことが大切です。回りくどいことはせずにとにかく褒めまくってください。

「芸能人の誰々に似てるよね」とか「モデルの誰々かと思った!」くらいに大げさなことを言ってもいいです。似てようが似ていなかろうが関係ありません。そうでもしないと、ほとんど初対面の女性をその気にさせるなんてできません。

といってもクラブにいるド派手な女性に清楚系の女優に似ていると言っても意味なく終わりますので、その女性の雰囲気も踏まえたうえで相手に合わせた褒め方をしましょう。

クラブで出会った女性とキスするマインド作成に必要な要素を紹介しました。最終目標のキスをするまでには、その状況に持っていくための下準備が必要です。今回紹介したことは、ある程度の「勇気」と「勢い」でなんとかなってしまう部分があります。

しかし、一番大切なことは多少キツイことを女性に言われたとしても諦めずにナンパを続けることです。人によっては何回かクラブに行かないとキスまでできない可能性はあります。動かなければ何も始まりません。諦めずに「勇気」と「勢い」で、アナタが少しでも早くクラブでキスをするという目的が達成できることを願っています。

▼関連記事
クラブで出会い彼女やセフレを作るマル秘テク5選|連絡先交換から告白まで クラブでお持ち帰りを達成するナンパフローチャート|イケる男、イケない男の違いとは クラブでお持ち帰りを達成するナンパフローチャート|イケる男、イケない男の違いとは