おっぱいを大きくする食事と押さえておきたい4つのポイント

この記事を書いた人
マッスル北川

筋肉と愛の戦士。某格闘漫画にハマったことをキッカケに体を鍛え始める。「脂肪が筋肉に変わる」「腹筋だけしていれば痩せる」そう思っていた時期もありました。間違った知識で時間を無駄にしたことを教訓に、効率的に痩せる&鍛える方法をお届けします!

「おっぱいを大きくしたい…」「おっぱいが大きくなる食べ物はないの?」

人間は外見よりも中身が大事とはいいますが、コンプレックスに感じている部分は改善したいですよね。

女性の場合、小さなおっぱいを大きくしたいと考える人も多いでしょう。

そこで当記事では、美味しく食べられて、おっぱいを大きくする効果もある食材をご紹介します!

「おっぱいを大きくする食材や食事が知りたい」という女性は、是非参考にしてください!

おっぱいが大きくなる仕組み

おっぱいが大きくなるのは「第二次性徴期」の頃。体が子供から大人に変化する思春期の時期に、おっぱいの大きさは決まります。

おっぱいのサイズに大きな影響を与えるのは、エストロゲンやプロゲステロンといった「女性ホルモン」。

思春期の頃に女性ホルモンが正常に分泌されていれば、おっぱいは成長します。しかし、ストレスや不規則な食生活、部活などで激しい運動をすると、成長ホルモンが減少しておっぱいは小さくなるんです。

おっぱいを構成する各パーツ

おっぱいの組織

出典:美乳の要と言われる「クーパー靱帯」、その意外な真実とは!?

おっぱいは、主に以下のパーツで構成されています。

  • 乳腺
  • クーパー靭帯
  • 脂肪
  • 大胸筋

乳腺

バストの内側にあり、母乳を作る管状の組織。成長期や妊娠中に子供を産む準備として、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの働きで大きく発達します。

クーパー靭帯

コラーゲンが主成分の結合組織。おっぱいの形を綺麗に保つために欠かせない部位でもあります。

クーパー靭帯は一度伸びたり切れてしまうと、元に戻ることはありません。結果、胸が垂れてしまい、形を維持することができなくなるんです。

脂肪

おっぱいの構成は9割が脂肪なのは有名ですね。おっぱいの脂肪には、発達した乳腺を守る役割があります。

大胸筋

乳腺、クーパー靭帯、脂肪の土台となる胸の筋肉。おっぱいを大きくするには食事で栄養を摂るだけでなく、筋トレをして大胸筋を鍛えることでもサイズアップします。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


他には、厚生労働省が利用を推奨している「COCOA」というアプリもおすすめです。

COCOAはスマホのBluetooth機能を利用して、新型コロナウイルスへの感染が判明した人との出会い・濃厚接触の可能性を確認することが可能で、ウイルスの感染拡大、クラスターの発生を防止できるんです。

上で紹介した他のアプリとは異なり、顔写真やプロフィールなどの登録をしなくても使うことができ、非常に手軽で、さらに18歳未満でも利用可能です。

もし自分が陽性になってアプリから情報を登録しても、個人情報は公開されないので安心。

ただし、このアプリはみんなで使わなければ効果も期待できないので、「どうせみんな使ってないでしょ」などと言わず、まずはあなたがダウンロードして使ってください。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ


おっぱいを大きくする食事や食材

「そもそも食事でおっぱいは大きくなるの?」と考える女性も多いんじゃないでしょうか?

人間の体を作るには、食事で摂れる栄養が必要不可欠。いくら筋トレをしても、栄養が不足していたら筋肉になりません。同様に、食事で栄養を摂ることでおっぱいも大きくなるんです。

ただし、以下にご紹介する食材ばかりを食べるのはNG。バランスの取れた食生活こそが、バストアップへの近道です。

おっぱいを大きくするのに必要な栄養は以下の通りです。

  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • タンパク質
  • ボロン(ホウ素)
  • イソフラボン

ビタミンB群

筋トレをしてバストアップを目指すなら、エネルギーを効率よく使うのが鍵になります。エネルギー不足では満足にトレーニングをすることが不可能。

ビタミンB1,B2,B6は糖質、脂質、アミノ酸の代謝に必要なビタミン。食事で取り入れた糖質や脂質を効率よくエネルギーに変えてくれます。

また、肌質や髪質を健康に保つためにも使われるビタミンなので、健康と美しさを維持したいなら欠かせない栄養です。

ビタミンB1が含まれる食品
豚肉、うなぎ、鮭、ナッツ類

ビタミンB2が含まれる食品
豚レバー、牛レバー、鶏レバー、焼海苔、納豆、鶏卵、牛乳

ビタミンB6が含まれる食品
にんにく、鶏ささみ、鶏むね、豚レバー、牛レバー、鶏レバー、かつお、バナナ

ビタミンC

ビタミンCは、ストレスから体を守るホルモン「コルチゾール」を作り出すのに使われます。

心身にストレスがかかると、副腎からコルチゾールというホルモンが分泌。心拍数の増加、血糖値の上昇、脂肪を燃やしてエネルギーに変えるなどして、ストレスから身を守るように作用します。

普段は副腎に蓄えられているビタミンCですが、ストレスを感じると減少。ビタミンCが不足するとコルチゾールが十分に作られず、ストレスに弱い体になってしまいます。

ストレスを感じることが多い現代人ほど、ビタミンCをしっかりと補給しましょう。

参考:「ビタミンC」-厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』

ビタミンCが含まれる食品
パプリカ、アセロラ、赤ピーマン、芽キャベツ、キュウイ

ビタミンE

手足の冷えは女性の大敵。冷えが原因で血管が収縮すると、血液の流れが悪くなります。

ビタミンEは血管を拡張し、血行を改善する効果が期待。血流が良くなることで、全身に栄養が届くためおっぱいの成長にも効果的です。

また、ビタミンEは副腎と卵巣に多く蓄えられており、女性ホルモンの代謝とも深い関係があります。

さらに皮膚の新陳代謝も活発にしてくれるので、肌質の改善にもなるんです。おっぱいを大きくしながら、美容にも効果があるビタミンEをぜひ補給しましょう。

ビタミンEが含まれる食品
アーモンド、落花生、唐辛子、枝豆

タンパク質

筋トレをしているトレーニーにお馴染みのタンパク質は、人間の体を構成する3大栄養素のひとつ。筋肉はもちろん、髪の毛、皮膚、乳腺の作るのにも使われています。

大胸筋を鍛えてバストアップを目指すなら、タンパク質は必須といえるでしょう。ただし、食事で摂ると炭水化物や脂質を余計に取ってしまう可能性も…。

タンパク質だけを十分に摂りたい場合は、スポーツ用品店などで購入できるプロテインパウダーを活用しましょう。

タンパク質が含まれる食品
ビーフジャーキー、鶏のささ身、牛ヒレ肉、豚ロース、するめ、かつお、きな粉、パルメザンチーズ、牛乳、卵、豆腐

ボロン(ホウ素)

ボロンは、野菜や果物に含まれているミネラルの一種。女性ホルモン「エストロゲン」の働きを促す効果が期待できます。

エストロゲンが分泌されることで乳腺が増加。おっぱいに脂肪がつきやすくなるため、おっぱいを大きくしたい女性に大注目の栄養なんです。

ただし、ボロンは熱に弱いため、生で食べるのがおすすめ。

ボロンが含まれる食品
キャベツ、りんご、ぶどう、海藻類、ナッツ類

イソフラボン

女性ホルモンと似ている構造をしていることで知られるイソフラボン。特に豆乳に多く含まれている大豆イソフラボンは、おっぱいを大きくする効果が期待できる栄養素として知られています。

基本的に女性ホルモンを食事で補給することはできません。そこで、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが活躍します。

食事などで大豆イソフラボンを摂取することで、乳腺の発達の手助けをしてくれるんです。ただし、大豆イソフラボンが体内で作用するかは個人差があります。

すべての女性に効果があるわけではない

大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」を、腸内にある乳酸菌「エクオール産生菌(ラクトコッカス20-92)」が代謝。すると、女性ホルモンと似た働きをする「エクオール」に変化します。

しかし、腸内にエクオール産生菌がないと、大豆イソフラボンを食べてもエクオールにならず排出。結果、おっぱいは大きくならないんです。

エクオールは作れる人と作れない人がいます。すべての女性が大豆イソフラボンの恩恵を受けられるわけではないんです。

腸内にエクオール産生菌があるかないかは、検査キットで検査することが可能。エクオール産生菌がない場合は、サプリメントで直接エクオールを摂取するという方法もあります。

大豆イソフラボンを含む食品
納豆、豆腐、豆乳、きな粉

おっぱいを大きくする4つのポイント

おっぱいを大きくしたいなら、女性ホルモンを分泌させるのが重要。以下にご紹介する4つのポイントを押さえておくことで、女性ホルモンの分泌を促せます。

  1. バランスの取れた食事をする
  2. 質の高い睡眠をとる
  3. 適度に運動をする
  4. ストレスを溜め込まない

健康的におっぱいを大きくしたいなら、体に良いことをするのが最も効率的なんです。

1.バランスの取れた食事をする

おっぱいを大きくしたいなら、極端な食生活をしないのがベスト。胸に効果的だからといってキャベツばかりを食べていたら、肝心の脂肪が摂れないので意味がありません。

今回ご紹介した食材は、あくまでおっぱいを大きくする手助けをしてくれる栄養が豊富なだけ。薬ではないので即効性はありません。

重要なのはバランスの取れた食生活を続けること。必要なものを必要なだけ摂るのがポイントです。

人間の体を構成している栄養素は一つじゃありません。色んな栄養素が体の働きや成長には必要。偏った食生活をすると、栄養が足りなくなっておっぱいが育ちにくくなります。

せっかくなら、美味しく食べておっぱいを大きくしましょう。

2.質の高い睡眠を取る

「睡眠は美容の大敵」とよくいいますが、同じようにおっぱいの大きさにも影響を与えるんです。

女性ホルモンが分泌されるのは卵巣。ですが、分泌するように指令を出しているのは、脳にある視床下部や下垂体なんです。

常に休むことなく人間の体を管理・コントロールしている脳ですが、睡眠不足の影響で自律神経が乱れ、女性ホルモンの分泌に悪影響を与えてしまいます。

美容と健康、おっぱいのサイズアップのためにも、質の良い睡眠を心がけましょう。

3.適度に運動をする

女性ホルモンの分泌が減少したとしても、土台となる大胸筋を鍛えることでバストアップが可能です。

正しいフォームとやり方で筋トレをすることで、筋肉は強く太くなります。胸の場合、厚みが出てくるためバストアップに繋がるんです。

筋トレをしている男性の中には、女性よりもカップ数がある、なんて人もいるくらいです。さらに、胸を鍛えることでおっぱいの垂れ防止にもなるんです。

また、筋トレや運動をすることで血流が良くなります。体の隅々まで栄養が届くようになるので、おっぱいの大きさにも良い影響を与えます。

さらに、体内の老廃物も排出されるため痩せやすい体になるんです。

▼関連記事
おっぱいを大きくしたいなら筋トレがおすすめ!バストアップ効果が期待できるトレーニング7選

4.ストレスを溜め込まない

思うようにおっぱいが大きくならないのは、もしかしたらストレスが原因かもしれません。

勉強や仕事、人間関係など、現代人は様々なストレスに晒されています。ストレスを解消しないまま放置しておくと、自律神経に乱れが生じます。結果、女性ホルモンの分泌がしづらくなり、おっぱいの成長を妨げてしまうんです。

ストレスを溜めないためにも、嫌なことがあったら家族や恋人に愚痴ったり、 趣味を楽しむのもいいでしょう。筋トレなどで体を動かせば、血流の改善にも繋がるため一石二鳥です。

おっぱいを大きくする食事で理想の体型をゲットしよう!

おっぱいを大きくしたいなら、食生活や生活習慣を改善することが最も重要。特に体を作る食事の摂り方によって、結果は大きく違ってきます。

加えて、適度な運動や質の高い睡眠、ストレスを溜め込まない生活をするのも大切です。

おっぱいを大きくするために、食事や生活環境を整えて理想の体型をゲットしましょう!