満足できるセックスをしたいなら持久力が鍵!スタミナをつける4つの方法

この記事を書いた人
マッスル北川

筋肉と愛の戦士。某格闘漫画にハマったことをキッカケに体を鍛え始める。「脂肪が筋肉に変わる」「腹筋だけしていれば痩せる」そう思っていた時期もありました。間違った知識で時間を無駄にしたことを教訓に、効率的に痩せる&鍛える方法をお届けします!

「セックスですぐにバテてしまう…」、「最後までセックスを楽しめる持久力が欲しい!!」

セックスで、異性が喜ぶテクニックを持っていたとしても、それを活かせる体力・持久力がなければいけません。

そこで当記事では今回、セックスでバテない持久力をつける方法をご紹介します。

セックスに持久力は必要不可欠

「セックスは気持ちよくて楽しい愛の営み」と考える人も多いでしょう。ですが実際は、全身を使った激しい運動であり、相手との関係が長続きするかを試される行為。

特に男性の場合、相手よりも先にイッてしまったり、女性をイカせる前にバテてしまったために、彼女と別れるハメになった…なんてことにもなりかねません。

たとえテクニックを持っていたとしても、活かせる持久力が不可欠。相手よりも先にバテない体作りが必要なんです。

そもそも持久力とは?

持久力はセックスやスポーツなど、身体を長時間動かせるかを意味する言葉で、「スタミナ」とも表現されます。

持久力には以下の2種類あります。

  1. 全身持久力
  2. 筋持久力

全身持久力

心肺持久力ともいわれ、酸素をいかに多く身体に取り込めるか、心臓からどれだけ酸素を供給できるかなど、内臓の強さを意味しています。

酸素は体を動かすエネルギーを作り出す際に使われます。たくさん酸素を取り込めれば、多くのエネルギーを生み出すことが可能。心臓のポンプ機能や血液を運ぶ機能が優れていれば、長時間運動をすることができます。

例えば同じ体格の男性が同じ運動をしているのに、片方だけバテてしまうのは全身持久力不足などが考えられます。セックスでも同様、全身持久力が高ければバテることがないため、長時間楽しめやすくなるでしょう。

筋持久力

筋持久力の強弱は、特定の筋肉をどれだけ長く動かせるかを意味しています。例えば、あなたが椅子に座ったとします。筋持久力が弱いと、徐々に猫背になってしまいがち…。

ダンベルやバーベルを上げ下げしていると、手が疲れて持ち上がらなくなるのも筋持久力が関係しています。

セックスの場合でも、腰を振り続けたり女性の体を支える、手マンを長時間するといった、筋肉を使う部分で筋持久力の高さが必要になります。

持久力を高める4つの方法

セックスを長時間楽しむには、全身持久力と筋持久力の両方を高める必要があります。

持久力を高める主な方法は以下の4つ。

  1. 有酸素運動
  2. 筋トレ
  3. 食事
  4. 睡眠

1.有酸素運動

心肺機能を強化する基本的な方法が、ランニングやジョギングといった有酸素運動です。

息が上がるほどの速度で走ると筋トレと同じ無酸素運動になるので注意。全身持久力を高めるための有酸素運動は、息が弾む程度でOK。一緒に走る人がいるなら、会話をする余裕があるほどゆっくりでも、心肺機能を強化する効果が期待できます。

最初は手軽にできるウォーキングから

運動をする習慣がない人は、ウォーキングから始めるのが良いでしょう。普段の生活でも歩幅を大きくして速歩きすることで、心肺機能が高まります。

負荷に身体が慣れてきたら、1kmを10分ほどの速度で5kmといった具合に、一定のペースを保ちながらゴールまで走るペース走に挑戦してもいいでしょう。

自宅にいながら有酸素運動がしたければ、頑丈な台を上り下りする踏み台昇降運動がおすすめ。

他にも水泳、自転車など、有酸素運動は心肺機能の強化にピッタリ。ただし、自分のペースで無理をしないことが鉄則です。

2.筋トレ

筋持久力を強化する主な方法は、低負荷で高回数行う筋トレです。筋力UPや筋肥大が目的であれば、力の出しやすい速筋をメインに、自分の扱えるギリギリの重量で、1セット10~12回×3セット筋トレをするのが基本。

ですが、筋持久力を強化する場合は、大胸筋や大腿四頭筋といった遅筋の割合が多い部位がターゲット。20~30回行える低負荷なトレーニングを、疲労するまで行います。

自重トレで筋持久力を強化

筋持久力の強化を目指すだけなら、自重を使ったトレーニングでも十分可能。筋肥大や筋力アップが目的の場合、どうしてもジムでバーベルなどを使わないと効率が悪くなります。

しかし、筋持久力の強化であれば、低負荷な自重トレでOK。セックスのために筋持久力を向上させるなら、腰回りや下半身を強化できる種目を推奨します。

腹筋を鍛えるクランチや、腸腰筋を鍛えるシットアップ、下半身全体を強化できるスクワットなどを、低負荷・高回数で行うのが良いでしょう。

▼関連記事
セックスで女性を満足させたいなら筋トレをすべし!持久力や勃起力が挙がる筋トレ9選

▼関連記事
自重トレーニングで理想の体を手に入れよう!正しいフォームや回数、注意点を部位別に解説

▼関連記事
セックスで女性を満足させたいなら筋トレをすべし!持久力や勃起力が挙がる筋トレ9選

3.食事

セックスはもちろん、人間が生きる上で食事は最も重要な要素。いくら筋力や持久力に自信があったとしても、食事でエネルギーを補給しなければ身体を動かすことはできません。

だからといって、何でもデタラメに食べれば良いというわけではありません。お菓子やジュース、肉類やお酒ばかりだと、栄養が偏り身体を壊す恐れがあります。

持久力を高めたいなら、以下のポイントを押さえた食事を心がけましょう。

  • バランスの取れた食事
  • 炭水化物を多めに摂る
  • ビタミンB1で糖質や脂質の代謝を促進
  • 鉄分をしっかり補給する
  • 高タンパクな食事を心がける

バランスの取れた食事

バランスの取れた食事は、基本中の基本といっても過言ではありません。人間の身体は炭水化物や脂質、タンパク質以外にも、ビタミン、ミネラル、カルシウムなど、様々な栄養素が必須

どれかが欠けていると体調不良を引き起こし、セックスどころではなくなってしまいます。

炭水化物を多めに摂る

炭水化物は糖分と食物繊維のことをいいます。中でも糖質は、身体を動かすためのエネルギー源。糖質が不足すると、持久力だけでなく集中力がなくなり、イライラしやすくなるなど身体に悪影響を及ぼします。

筋肉を動かすのにも糖分は必要。セックスで腰をふる、手マンをするなど、身体を激しく動かす際に使われるエネルギー源なんです。

ビタミンB1で糖質や脂質の代謝を促進

炭水化物は摂りすぎてもNG。使われなかった糖質は、脂肪分として蓄積されます。ビタミンB1は、糖質をエネルギー源に変換する際に使われます。

セックスを長時間する体力をつけるためにも、炭水化物とビタミンB1はセットで摂るべきです。

鉄分をしっかり補給する

持久力を高めるためには、いかに多くの酸素を体内に取り込み、体の隅々まで届けるかが重要。酸素を運ぶための役割を担っているのが鉄分です。鉄分が不足することで、めまいや貧血といった症状が現れます

鉄分は牛・豚・鶏レバー、卵、ほうれん草などで補給が可能。さらに、ビタミンCを一緒に摂ることで、鉄分の補給を促してくれます。

高タンパクな食事を心がける

タンパク質は筋肉はもちろん、髪の毛や爪、皮膚など人間の身体を作る材料になります。タンパク質が足りなくなると、筋肉量が減ったり、肌荒れ、思考力や集中力の低下など、体全体に悪影響が出てしまいます。

筋持久力を高めるため、もしくは筋肥大を目的に筋トレをしている人は、体重1kgに対して1.2~2gのタンパク質が必要。しかし、三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)の中で、タンパク質が最も摂りづらいんです。

体重の2倍のタンパク質を摂ろうとすると、炭水化物や脂質まで摂りすぎる恐れも。効率的にタンパク質を補給するために、スポーツ用品店などで売られているプロテインを活用しましょう。

睡眠

持久力を高めるなら、しっかりと睡眠を取る必要があります。睡眠不足が続くと、頭がボーっとして集中力、やる気などが失われますよね。

いくら好きな相手とのセックスでも、寝不足だと「今日は勘弁して…」と感じるはず。集中力や思考力も低下するため、前戯も手を抜いてしまうものです。気づいたら挿入前に寝ていた、なんてことも…。

睡眠を取ることで、肉体的な疲労を回復。さらに、ストレス解消や抑うつ状態を改善する効果が期待できます。

運動の習慣がある人は、睡眠の質も向上します。持久力強化のために、ぜひ筋トレなど運動をして、良質な睡眠を確保しましょう。

▼関連記事
筋肥大やダイエットしたければ寝不足はNG!睡眠不足が筋トレに与える悪影響6つ

▼関連記事
睡眠は筋トレの効果を高めてくれる!睡眠で得られる6つのメリットを解説

持久力を高めて自分も相手も満足できるセックスをしよう!

セックスは持久力がないと疲れるだけ。相手を満足させられることもできないため、不完全燃焼で終わってしまいます

いくらテクニックがあっても、体力がないと活かせません。彼女をイカせるためにも、筋トレや有酸素運動などで持久力を高めましょう!